ぐい呑

2019.03.18

ぐい呑の歴史は、盃に比べると新しく、江戸の中期以降に町人に茶道の文化が広まった頃、酒を呑むのに抹茶盌を小型にした器を使ったら”粋”でカッコいいなと、江戸の町人が作らせて酒を呑むようになったという説があるそうで、なるほど、江戸の町人の粋な文化から生まれたモノなのだなと思う。

酒を呑む道具だけではなく、そこには粋を感じるモノでもあったんですね。

だからこそ現代でもコレクターが多いのかな。

写真: 耀変 銀河ぐい呑 / Galaxy sake bowl

銀河皿

2019.02.27

耀変 銀河皿

Galaxy bowl

大丸東京店に新作を送りました!

2019.02.26

大丸東京店9階 リビング・和食器に常設用に送った

耀変銀河シリーズの酒器。

写真ではなかなか伝わりにくいので是非ご高覧ください。

#大丸東京店

#常設

#オリジナル

#耀変

#銀河ぐい呑

#銀河盃

#銀河片口

#うつわ

#佐藤弘人

銀河盃 / Galaxy sake bowl

2019.02.20

太陽の光の中の銀河盃

新年快樂!

2019.02.05

新年快樂!

旧暦新年おめでとうござます!

最近、明治以降の西洋暦の新年より、

旧暦の新年の方が、日本の風土に合っているなと思う。

ありがとうございました!

2019.01.30

京王百貨店 新宿店 美術・工芸サロンでの個展は無事終了しました。

足をお運び頂きました皆様に感謝申し上げます。

これからも耀変(窯変)の美しさを追求し、新たな宇宙を生み出したいと思います。

ありがとうございました!

京王百貨店 新宿店での個展開催中!

2019.01.25

【 個展情報 】

〜耀変〜

佐藤弘人 作陶展

会期 : 2019年1月24日(木)〜30日(水)

会場 : 京王百貨店 新宿店6階 美術・工芸サロン

時間 : 午前10時〜午後8時

※ 作家は毎日在廊しています。

皆様のお越しをお待ちしております。

虹 / Rainbow

2019.01.15

陰と陽のように、

枯葉の向こうに掛かる虹

陶房より

酒器

2019.01.08

確かに焼きのあまい焼き〆の盃や

ぐい呑みは、唇や舌に吸い付きそうで

好きではない。

そして臭いも取れないのが厄介。

あるサイトより

信長や秀吉の時代に変化した酒器

当時は酒を飲む際に素焼きのかわらけを使用していました。かわらけは儀礼に用いられる盃であり、基本的に再利用することなく使い捨てされるものだったので、安っぽい素焼きの盃でした。

ところがこのかわらけは乾いているので唇に貼りつきやすく、乾いた唇をそのままつけると唇の皮がかわらけにくっついて剥がれてしまうこともありました。

この饗応の宴の伝統のひとつともいえるかわらけは廃止されることになります。

それが信長や秀吉の時代でした。

特に信長はわずらわしい古い習慣を変え、使用する器は美しく光沢のあるものへ変えました。そして料理も、ただの飾りとして出されていた置鯉などを撤廃したほか、冷たいものよりも温かい料理を出すようになります。

伝統が徐々に変化し、しきたりよりも料理をおいしく食べることに目が向けられ始めたのです。

写真 :銀河盃

明けましておめでとうございます!

2019.01.01

明けましておめでとうございます。

Happy New Year

新年快樂

簡単ですが、

蒲鉾以外は全て手作りのおせち料理。

器も全て手作りです^_^