アメリカで思ったこと

2018.12.07

アメリカに行くと、オタクや、

アスペルガーや自閉症の子供達の

能力の高さに驚かされる。

集中力の高さは半端ないし、

体力的にも高い能力があったりする。

新しいシステムの開発、

そして医療にしても、防災にしても

軍事的なことにしても

遠隔操作でロボットを扱う時代を

担うのは、こういう子達なのだなと思う。

普通ほど面白くない時代に入って行のかな…

そして日本人が思うほど、アメリカで

は日本のことに興味がないと感じる。

SUSHI などの食文化などは興味を持つ人が多いが、

政治的なことや社会的なことは何も知

らないし情報もない。

やはりアジアは中国中心というのが

世界のスタンダードな考えなんだろと思う。

日本や韓国などは、同じ国だと思われているぐらい…

あるカリフォルニアの有名大学の

留学生は、今や7割が中国人で、

日本やヨーロッパの学生は

各々1割にも満たないというのが

現状だそうです。

日本独特の侘び寂び文化も良いが、

色々な意味で日本のガラパゴス化は

どんどん進んでいるように思う…。