酒器

2019.01.08

確かに焼きのあまい焼き〆の盃や

ぐい呑みは、唇や舌に吸い付きそうで

好きではない。

そして臭いも取れないのが厄介。

あるサイトより

信長や秀吉の時代に変化した酒器

当時は酒を飲む際に素焼きのかわらけを使用していました。かわらけは儀礼に用いられる盃であり、基本的に再利用することなく使い捨てされるものだったので、安っぽい素焼きの盃でした。

ところがこのかわらけは乾いているので唇に貼りつきやすく、乾いた唇をそのままつけると唇の皮がかわらけにくっついて剥がれてしまうこともありました。

この饗応の宴の伝統のひとつともいえるかわらけは廃止されることになります。

それが信長や秀吉の時代でした。

特に信長はわずらわしい古い習慣を変え、使用する器は美しく光沢のあるものへ変えました。そして料理も、ただの飾りとして出されていた置鯉などを撤廃したほか、冷たいものよりも温かい料理を出すようになります。

伝統が徐々に変化し、しきたりよりも料理をおいしく食べることに目が向けられ始めたのです。

写真 :銀河盃

Leave a comment