京王百貨店 新宿店での個展開催中!

2019.01.25

【 個展情報 】

〜耀変〜

佐藤弘人 作陶展

会期 : 2019年1月24日(木)〜30日(水)

会場 : 京王百貨店 新宿店6階 美術・工芸サロン

時間 : 午前10時〜午後8時

※ 作家は毎日在廊しています。

皆様のお越しをお待ちしております。

虹 / Rainbow

2019.01.15

陰と陽のように、

枯葉の向こうに掛かる虹

陶房より

酒器

2019.01.08

確かに焼きのあまい焼き〆の盃や

ぐい呑みは、唇や舌に吸い付きそうで

好きではない。

そして臭いも取れないのが厄介。

あるサイトより

信長や秀吉の時代に変化した酒器

当時は酒を飲む際に素焼きのかわらけを使用していました。かわらけは儀礼に用いられる盃であり、基本的に再利用することなく使い捨てされるものだったので、安っぽい素焼きの盃でした。

ところがこのかわらけは乾いているので唇に貼りつきやすく、乾いた唇をそのままつけると唇の皮がかわらけにくっついて剥がれてしまうこともありました。

この饗応の宴の伝統のひとつともいえるかわらけは廃止されることになります。

それが信長や秀吉の時代でした。

特に信長はわずらわしい古い習慣を変え、使用する器は美しく光沢のあるものへ変えました。そして料理も、ただの飾りとして出されていた置鯉などを撤廃したほか、冷たいものよりも温かい料理を出すようになります。

伝統が徐々に変化し、しきたりよりも料理をおいしく食べることに目が向けられ始めたのです。

写真 :銀河盃

明けましておめでとうございます!

2019.01.01

明けましておめでとうございます。

Happy New Year

新年快樂

簡単ですが、

蒲鉾以外は全て手作りのおせち料理。

器も全て手作りです^_^

いちご大福

2018.12.30

嫁さん手作りのいちご大福

美味しい!

器 : オーロラ彩高坏

カルボナーラ

2018.12.29

嫁さん手作りの卵の黄身たっぷりの

カルボナーラ。

美味しいです!

器 : 銀河渦巻き皿

大丸東京店で作品常設しています!

2018.12.24

大丸東京店9階 和食器にて

耀変 銀河シリーズの酒器や皿などが

10月より常設となっています。

色々なお客さんにお買い上げ頂き

感謝です。

是非興味のある方は、大丸東京店に

お立ち寄りください。

尚、鉄分の多い自然土と透明釉を、

焼きにより融合させて生まれる

色彩(結晶)なので、一つ一つ表情が

違います。

また、光により表情が変わります。

暖色系の明かりや太陽光の下、

そしてお酒が入ると深みを増します。

どうぞ土からの宇宙をお楽しみ

ください。

写真 : 銀河シリーズの片口とぐい呑

陶器専門店 『壷々炉』

2018.12.17

東京に本社があり、

銀座にショールームを持つ

陶器専門店『壷々炉』さんが

熱海小嵐町にギャラリーを

作ったご縁で、

銀河シリーズの新作が焼き上がったら

是非お客さんに紹介させてくださいと、

有難いお言葉を頂きました。

東京の有名な日本料理店などにも食器を卸しているそうで、

とても楽しみです。

壷々炉ホームページ

https://www.ccro.jp/

アメリカで思ったこと

2018.12.07

アメリカに行くと、オタクや、

アスペルガーや自閉症の子供達の

能力の高さに驚かされる。

集中力の高さは半端ないし、

体力的にも高い能力があったりする。

新しいシステムの開発、

そして医療にしても、防災にしても

軍事的なことにしても

遠隔操作でロボットを扱う時代を

担うのは、こういう子達なのだなと思う。

普通ほど面白くない時代に入って行のかな…

そして日本人が思うほど、アメリカで

は日本のことに興味がないと感じる。

SUSHI などの食文化などは興味を持つ人が多いが、

政治的なことや社会的なことは何も知

らないし情報もない。

やはりアジアは中国中心というのが

世界のスタンダードな考えなんだろと思う。

日本や韓国などは、同じ国だと思われているぐらい…

あるカリフォルニアの有名大学の

留学生は、今や7割が中国人で、

日本やヨーロッパの学生は

各々1割にも満たないというのが

現状だそうです。

日本独特の侘び寂び文化も良いが、

色々な意味で日本のガラパゴス化は

どんどん進んでいるように思う…。

2018.12.05

先日行ったセドナの赤土の大地は、

やはり陶芸家の自分にとって、

最高に魅力的な場所でした!

自然に感謝!